紹 介 屋

まず、スポーツ紙の広告やチラシなどでいわゆる「おとり広告」といわれるものを出して多重債務者を集めます。そして「うちでは貸すことができないが、他の店を紹介してあげます。」などと言って別の貸金業者を紹介して、融資額の2~5割という高い紹介料を請求してきます。さも自分が紹介したから融資を受けられたように言いますが、実際に何の働きかけもしていないケースがほとんどです。つまり、紹介はあっても無くても同じ事です。それで高い紹介料を請求してくるのです。

ページの先頭へ戻る